最近、Blog、note共に、長め&重め(?)の内容ばかり書いていたので、
ここら辺で、ちょっとお気楽な感じのを書こうかな、と。
ご存知の人もいるかもですが、ワタクシ、サイト・Blog・noteで、
ちょっとずつ、違った視点でレイさん向けの記事、書いています。
ついでに、stores.jpさんとcoconalaさんにもいたりします。

で、サイトやプロフのフレーズに「冥王星」を使っているんですが。
え、何で「冥王星」と思われた人、いますかね?(笑)
レムリアとか、金星、プレアデス、アークトゥルス辺り、あるあるだけど。
よりによって、準マレフィック(凶星)の冥王星ですよ。
星読みでもトランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)は、
個人のチャートではまず読まない。
特に、冥王星は1つの星座に12~32年滞在するので”世代”を表す星扱い。
そりゃあ、馴染みないですよねー、っていう。

冥王星のレンダリング画像。
冥王星さん、実は、♡が隠れているチャーミングなコなの。^^
流石に、本物の写真は版権がアレなので……。
因みに、Webの画像、勝手に拾って来て使うのは、NGですからねー。
よく、借りて来ましたとか、自称引用してるの見掛けますが、
知的財産とか、エディトリアル画像って、そういうモノじゃないです。

話が横に逸れましたが(汗)
巷のレイさんの多くは、アラフォー以上だと思うのですが、
大抵の人は、ご自身かお相手が「冥王星天秤座世代」なんですよ。
若干前後する人もいますが、お話聞いてると、影響あるなー、と感じます。
更に、1950年~2030年は長期に渡り、冥王星と海王星が60°の関係。
コレ、タイトな人ほど、所謂”霊感持ち”というアスペクト。
今活躍されている有名占い師さん、大抵はオーブ3°くらいですが、
世代上の人ほど、タイトな人が多いです。

因みに、私はオーブが1度4分、彼は0度19分。
加えて、彼はMCに木星&冥王星コンジャンクションの上に、
太陽と冥王星がミューチュアル・レセプション。
もう、冥王星エネルギーの塊りみたいな男です。
他方、私はASCに天王星がコンジャンクションの変わり者ですが。
天王星(変革)と冥王星(刷新)のタッグだもの。
既存の”お花畑スピ”や”ツインファンタジー”に、満足なんてしません。
違う! もっと根本から変わりたいんだー! ってなります(笑)

これは、別の記事にも書いたけど。
恐らく、今後、調和と分離のタイムラインが離れて行くに連れて、
星読みの意味? 表現? も変化して行く必要性を感じます。
本来は、星のエネルギーに、良い・悪いなんて全く無いですから。
なのに、ソフトアスペクトは「吉角」で、ハードアスペクトは「凶角」。
元々の意味は、扱い易い・扱い難いというだけなのに。
マレフィック(火星、土星)やトランスサタニアンも同じこと。
良い/悪いの判断しかないの、分離ど真ん中ですよね?

ただ、すべての星のポジティヴな面を基本に読んでも。
多分、分離選択した人には、全く当たらない可能性が高いと思う。
何故なら、分離に留まる時点で、自己統合出来ていないんですよ。
つまりは、土星より外の惑星意識には繋がれない。
だから、個人のチャートでは、土星より外の星を考慮する必要がない。
完全に、分離向けの星読みの仕方、という訳ね。
でも、レイは調和側へ行くのが決定の人だし、魁でもあるから。
逆に、積極的に外惑星を読んだ方がいいかな、と思っています。

ツイン向け(?)の星読み、外国には在るんですが。
翻訳してる人もいて、正直、昔は面倒でそこ見てたんですけども。^^;
Blogそのもののエネルギーが、今の私には合わなくなり。
あと、星読みしない人の機械的翻訳なので、時々「!!」ってなる(爆)
やっぱり、星は経度が違うとハウスが違って来ますしね。
国ごとに、集合意識も違って来るから、微調整が必要だよなー、って。
読みたいものが無いなら、もう自分で書くしかないかー、って。
今、ちょっと、本気で悩んでます。