Astrology

ツインレイと占星術


皆さんは、最初に”ツインレイ”という概念に出合った時、どんな風に思いましたか?
私と彼は、きっと”コレ”に違いない!やった!宇宙で1人の”運命の人”だ!
……なんて、お気楽極楽に思う人なんて、いるの??
もし、仮に、万一にも”思った”という人がいましたら、悪いことは言いません。
確実に勘違いです、早く目を醒ました方がいいですよ。

因みに、私は「こんなの、絶対に嫌だ」と思いました。
その後、サイレント期に入るまでの1年半、完全に”ツインレイ”という言葉を無視(笑)
サイレント期に入り、仕方無く向き合うようにはなったものの……。
何故、巷のツインレイ情報は、チャネリング由来のものしか無いんだろう?って。
元々が”見えない世界”のもの、というのは分かるのですが。
セッションも、チャネリングによるメッセージと、エネルギーワークばかり。
正直、昔の壺売る商法と何処が違うの??って思ってました。
最終的に”壺”も残らないから(笑)、余計に嫌悪感があったかもしれません。

1980年代のおまじないブームの時は、リアタイで大好きで信じてもいたのですが、
2000年代に入って、久々にその手の雑誌を見た時の”如何わしい”エネルギーに慄きまして。
以降、訪れたスピリチュアルブームには、吐き気すら覚えるほどでした。
別に、概念そのものを否定している訳ではないんです。
今振り返れば、ブームになる以前に、すでに『聖なる予言』読んでいたし、
ポワスポ、遷宮ブームの前に、有名な神社はかなりの数、巡って御朱印戴いて来ていたし。
要するに、流行時の「コレで儲けてやる」「コレやれば願いが叶う」という、
所謂”生存者バイアス”な人々の放つ、浅ましい”エネルギー”が苦手だったんですよ。

なので、最初の頃はツインレイも如何わしくて仕方なかった(笑)
高次の”愛”を語っているのに、どうしてこんなに”如何わしい”のばかりなんだ?って。
単に、当時は私の波動が相当下がっていた、というだけのことですが。
それでも、やっぱり、周囲には”チャネリング”と”エネルギーワーク”しかない状態で。
どうして、星とツインレイを結びつけて考える人がいないのか、不思議だったんです。
星を視てしまうと、勘違い、思い込みがバレるから?
それだと、リピートして貰えなくて、稼げないから?
……そう、本気で穿ってしまうほど、私には大きな謎だったんですよ。

考えてみて下さい、チャネリングで”何”と繋がってるか、一体誰が確認するの?
エネルギーワークで”過去世を癒す”というけれど、今までどれだけ転生したと思ってるの?
そもそも、他人のカルマなんて癒せないですから。
正確には、過去と繋がってる”コード”を切ってるだけなんですよね。
だから、本人が自覚を持って”手放し”しないと、またすぐに繋がっちゃいます。
巷のツインレイ情報も、どちらかというと”恋バナ”に偏っているし。
恋バナの方が”読み物”としては、面白いのかもしれないけど。
個人的には、恋バナは統合後に、当時を振り返りつつ語りたいなぁ、と思います(笑)

そんなこんなの”不満”を、私は巷のツインレイ情報に対して抱いてた訳です。
もっと汎用的で、相対的な情報は無いのか、と。
結局、私は”ツインレイ”の仕組みそのもの、そして、星との関係が知りたかったんですね。
幸い、仕組みの方は、去年の冬至くらいから、自分でかなり解明出来ましたし、
仕組みの説明がメインのセッションをされている方とも、ご縁が繋がりました。
先日、その方のセッションで判明した”衝撃”の事実……。
星に関するツインレイ情報が、見つからないのは当然のこと、らしいです。
何故なら、それを行うのが”私”であるから(滝汗)

コレも”チャネリング”情報ですけどね。
実は、セッションの1ヶ月前にココを始めたのも、彼のハイアーさんに言われたから。
その話は一切してないのに、最終的に作りたいイメージまで言われました。
チャネリングの”情報源”が一緒だから、当然と言えば当然なんですが(笑)
多分、ココへ辿り着いた人は、似たような”傾向”を持つツインレイだと思います。
感情だけでは進めなくて、チャネリング情報も同じ内容ばかりで。
だから、誰か分かるように説明して!という癇癪状態で、辿り着いたのでしょう。
私もそうでしたが、結果的に前へ進めたので心配は要らないみたいですよ?

©  Garden of Gethsemene All Rights Reserved.
PAGE TOP